HOME > 事業紹介 > 鉄道保安システム
  

鉄道保安システム
車両の安全運行をチェックする自動制御システム 先進のセーフティシステムが「安心」を構成

列車運行管理システム、列車集中制御装置(CTC)、自動列車制御装置(ATC)などの
鉄道信号保安システムにある"フェールセーフ思想"は、列車の運行に求められる安全性と正確性を可能にしました。
私たちは、福岡市地下鉄開業以来、列車の安全、安定運行を支える、鉄道信号保安システムの保守を24時間体制で行っています。

※フェールセーフとは、故障や操作ミス、設計上の不具合などの障害が発生することをあらかじめ想定し、
障害が発生した場合、常に安全側に制御するようにシステムを構築する設計思想。

運行表示盤

▲ 運行表示盤

全線から集められた列車の位置情報がリアルタイムで表示されています

自動列車制御装置(ATC)

▲ 自動列車制御装置

運転士の操作がなくても列車の運行速度や停止を自動的に制御する装置

継電連動装置

▲ 継電連動装置

主に継電器(リレー)の組み合わせにより、駅構内の信号機と転てつ機を関連づけて、列車を安全に運行させる為の装置

電気転てつ機

▲ 電気転てつ機

車両の進路を切り替える装置

  

会社案内


事業紹介


その他

  
  
福岡日信電子株式会社
〒819-0002 福岡市西区姪の浜4丁目10番5号
Tel. 092-891-5865 / Fax. 092-891-6559 / E-mail: info@fukuoka-nisshin.co.jp

© 2003 FUKUOKA NISSHINDENSHI CORPORATION