javascript対応のブラウザを使用してご覧下さい。

福岡日信電子株式会社
トップページへ
新着情報
会社概要
会社沿革
ご挨拶
事業案内
採用情報
その他の事業 駅務自動化システム 業務の拡大
列車運行管理システム、列車集中制御装置(CTC)、自動列車制御装置(ATC)などの鉄道信号保安システムにある"フェールセーフ思想"は、列車の運行に求められる安全性と正確性を可能にしました。
私達は、福岡市地下鉄開業以来、列車の安全、安定運行を支える、鉄道信号保安システムの保守を24時間体制で行っています。
※フェールセーフとは、故障や操作ミス、設計上の不具合などの障害が発生することをあらかじめ
想定し、障害が発生した場合、常に安全側に制御するようにシステムを構築する設計思想。
運行表示板 CTC中央装置 運転台 信号機器室
Message from staff
信号課
大庭利一(おおば・としかず) 1997年入社
 「鉄道の安全運転を支える縁の下の力持ち」という言葉がイメージに ピッタリあてはまる「福岡日信電子」です。普段、人目につくことがなく馴染みの薄い信号設備ですが、1年365日、休むことなく稼働しています。一言で信号設備と言っても、今流行のパソコンからデジタル・アナログ回路、メカトロまであり、電子機器に興味・専門知識を持っている人ならば、きっと 我が社の仕事に面白さを見つけることが出来ます。
大庭利一
Copy right 2003 FUKUOKA NISSHINDENSHI CORPORATION. All rights reserved.